医師にまつわる求人事情とは

医師が転職先を探すには

医師が自由に転職先を探すには医局を出ないといけません。ただ、医局を出るということは自分で就職先の病院を探さなければなりません。全国のほとんどの病院が医師不足で医師を欲している現状の中で自分の病院の医師が別の病院に移るという事を快く思うことは多くは有りません。
そこで医師が転職先を探す際には転職支援の会社に登録をして案件を斡旋してもらう方法がよりスムーズに転職をする方法のひとつであると言えます。
面接が決定する前では個人を特定できる情報も隠してもらえますので、もしお互いの条件の折り合いがつかず話がなくなっても個人が特定されていないケースがほとんどなのでリスクも最小限に抑えることが出来ます。どうしても自分でやると匿名という事が難しいので転職支援の会社に頼むのがいいでしょう。

医師転職支援サイトの選び方

医師の転職支援をしている会社は数多くあります。大手から小さい会社や個人でされている会社なども入れるとわからないほど会社があります。その中で本当に医師の先生に親身になって考えている会社は一握りでしょう。
その見分け方でわかるのは対応の仕方と転職支援会社からどの様な案件を紹介してくるかです。
本当に先生のご希望に沿ってお話をしてくれているのかということ、支援会社からの紹介の案件が本当に先生が大切にしているキャリア、年収などの条件にしっかりとあっているかです。
先生の希望や話をほぼ聞かずに科目が合っている、働きたい場所が合っているというだけで案件を紹介してくる会社はあまりいい支援会社とは言えないでしょう。
その辺りのコミュニケーションをとる中で一番親身になってくれている会社を選ぶのがよいです。ただ、案件数が少な過ぎてもいけないので、会社のホームページなどに掲載されている案件数も確認しておくことも大切です。